アルコールの効果と魅力について

お酒と聞くと、ビールや日本酒、ワインやブランデーやさまざまな種類が思い浮かびますが、それらに共通していることはエチルアルコールが含まれているという点です。
アルコール飲料とも呼ばれるのは、そうした理由からです。
また、調味料として料理やお菓子作りに使用されることもあり、肉を柔らかくしたり魚の臭みを取ったり、コクを出す効果があります。
チョコレートの中にブランデーが入っているものも美味しいです。
お酒の材料は種類によってさまざまですが、麦芽を発酵させたものがビール、日本酒は米麹を発酵させています。
またブドウを発酵させて作られるものがワインです。
アルコールには気分をリラックスさせたり、ストレス解消や疲労回復などの効果があります。
居酒屋などで皆でビールを飲みながら場が盛り上がるのは、こうした効果で皆が饒舌になりコミュニケーションが取りやすくなることも理由のひとつです。
けれども過度な飲酒は、肝臓を悪くしたり、またアルコール依存症に陥るケースもあり、お酒は適度に楽しく飲むことによってより美味しいものとなるのです。

pickup